永久脱毛で一生ツルツルはうそ?本当の永久脱毛の定義とは!?

永久脱毛は医療レーザー脱毛


ムダ毛の処理からオサラバしたいと永久脱毛をクリニックで受ける人は多いです。永久脱毛を行える方法は、ニードル脱毛か医療レーザー脱毛ですが、ニードル脱毛は痛みが強かったりトラブルが多いので行う場所が減ってきていますので基本的には医療レーザー脱毛になります。
永久脱毛というと、脱毛が完了した後にはもうそこからは毛が生えてこないものと考える人が多いのではないでしょうか。確かに文字だけを見れば永久に脱毛効果があるように感じてしまうのも無理ありません。永久脱毛をしたからと言って一生ツルツルになるかというと必ずしもそうではないということを理解している人は意外と少ないものです。そもそも永久脱毛とはどういったものなのでしょうか。


永久脱毛の定義とは?


永久脱毛したからと言って一生ツルツルになるわけではないというと、永久脱毛ってそもそも何なのかと考えてしまう人も多いでしょう。 永久脱毛の定義について「最終脱毛から1ヶ月後の毛の再生率が20%以下である脱毛法」と定義されています。つまり、5回セットで医療レーザー脱毛を行い、脱毛完了と言われてから1ヶ月後に100本あったムダ毛が20本生えてきたとしてもそれは永久脱毛になるのです。 実際には20%も再生して脱毛完了とする人は少ないですが、再生したとしても黒々とした太い毛ではなく細かったり産毛のようなものが多いです。医療レーザー脱毛の仕組み上、産毛など色の薄い毛などには効果が出にくいのでこのような定義になっているのでしょう。